お金貸してください

無担保無保証でお金を貸してくれるカードローンは、お金に困った時には、とても助かりました。色々と急な出費が続き、お金に困っていたんです。まさかいい大人になって親や親戚にお金貸してくださいなんて言えるわけもなく、私はカードローンでお金を借りました。カードローンの申し込みをするまでには少し時間がかかりました。それまで借金というものをしたことがなかったので、少し抵抗があったからです。でも借金といってもそれほど沢山のお金を借りるわけでもないし、それにきちんと返済をすれば問題ないのではないかと思い、思い切ってカードローンの申し込みをしました。カードローンの申し込みはインターネットでしました。出来れば誰にも会わずにお金を借りたかったので、インターネットで申し込みができたことはとてもよかったと思います。お金貸してくださいと堂々といえるのはこういった借入先ですから気兼ねなくお金貸してくださいといえますからね。カードローンの申し込みをして、しばらくすると仮審査の通過の連絡がありました。思いのほか早かったと思うのですが、連絡を待っている時間は長く感じられました。仮審査に落ちたらその時点でアウトですから。無事に仮審査に通った後は本審査です。本審査に入るということで本人確認資料の提出を求められました。本人確認資料とは運転免許証やパスポート、保険証の事です。私はスマホのカメラ機能を使って運転免許証の写真を撮り、それをアプリから送信しました。これはとても簡単で便利だったので驚きました。その後無事にカードローンの契約が完了してお金を借りることが出来ました。

家族に内緒でお金を借りる

カードローンの申し込みをした場合必ず審査がついてきます。審査には会社に電話がかかってくる「在籍確認」というものがあります。カードローンを申し込もうかどうか迷っている人でこの「在先確認の電話」がネックになっている人も多いと思います。もし会社に「〇〇消費者金融ですが・・・」みたいな電話が自分宛にかかってきたら、借金をしようとしていることが家族や会社の人にバレてしまいますよね。そんな恐ろしいことはできない、と思っているかもしれません。がしかし貸金業法で「契約の内容を本人以外に伝えてはいけない」ということが決められています。ですから大抵の金融機関では在籍確認の電話は担当者個人名でかかってきます。それでも電話で名前や生年月日を伝えていると、カードローン経験者などはすぐにピンとくるはずです。なので出来れば在籍確認の電話はスルーして契約したいものですよね。
そういうニーズに答えて、在籍確認の電話の代わりに社員証や給与明細の提示で審査が通る可能性のあるカードローンもあるようです。しかし絶対に在籍確認の電話がないかというとそれはケースバイケースで、社員証や給与明細を提示したにも関わらず、在籍確認の電話がある場合もあるようです。そこでキャッシングを家族に内緒でする方法はないものかと色々と考えてみました。クレジットカードのキャッシングがいいのか、カードローンがいいのか。
結論から言うとかなり難しいということが分かりました。
まずクレジットカードのキャッシングですが、キャッシングをすれば必ずクレジットカードの利用明細にキャッシングの記載があります。クレジットカードの利用明細は妻が必ずチェックします。ならばWEB明細のクレジットカードを作ってキャッシングをすればいいのでは?とも思ったのですが、銀行の預金通帳も妻が握っていて、定期的に記入をしてその明細をチェックしています。不審なクレジットカードの引き落としがあればすぐにバレてしまうでしょう。
今度はカードローンの可能性を考えてみましたが、これはもっと無理でした。カードローンを利用した場合は必ず利用内容を書面で郵送しなければならないと法律で決まっているそうです。郵便物は妻が必ず見ますし、日中仕事に出ている私が郵便物を受け取れる可能性はほとんど0に近いので、これまた不審な郵便物は妻が見つけてしまうでしょう。
ということでお金を借りる方法は色々とあるのですが、家族に内緒でお金を借りる方法はなかなか難しい案件のようです。

水商売とキャッシング

水商売も楽じゃないんだよ。うちの友達とかは、うちがキャバ嬢やってるから、結構稼いでいるって思ってる。確かに稼いでなくはないと思うけど、出て行くお金も多いんだよね。お店に着ていくドレスはもちろん自前だし、靴だってそう。美容院も行かなくちゃいけないし、手を見られることが多いからネイルだってちゃんとしておかないと。それにたまにはエステだって。綺麗にしていないとお客さんも離れていってしまうから。だからいつもお金がない。お客さんからもらったブランド品なんかも申し訳ないけど、質屋行きになっちゃう時もある。まあそんなにたいした金額にはならないんだけどね。それでもお金が足りない時はカードローンでお金を借りている。キャバ嬢でもカードローンができるんだ!っていうのが私が思ったこと。カードローンの事はお店の人に教えてもらった。カードローンってサラリーマンとかお堅い職業の人しか借りられないんだと思っていた。お店の人が言うには、店の女の子でカードローンでお金を借りている子は結構いるって。借金の分、また頑張って売り上げを伸ばせばいいだけじゃんって。だからすぐにカードローンを申し込んだ。何の問題もなく審査には通ってカードローンでお金を借りることが出来た。私のような水商売がキャッシングできることは今もとても助かっている。

クレジットカードでキャッシング

友達が彼氏にクレジットカードを貸したらキャッシングされていた!
お金を返してもらおうと思ったら「俺は知らない!」の一点張り。結局別れたのですが、お金は帰ってこなかったらしい。
ほんとに最悪ですよね。まあ、そんな男と付き合っていた友達も友達だし、
いくら彼氏だからってクレジットカードを貸したりするからこんなことになるんですよね。金の切れ目が縁の切れ目とはよく言ったもんですよ。
それにしてもクレジットカードでキャッシングをするにはパスワードとかいるんじゃないのかな?そのパスワードまで知っていたってこと?ほんとに呆れてものが言えない。
まあ幸いキャッシングされたたのは10万円だったので一括返済をしたらしいのですが、それにしもひどすぎますよね。どこかに訴えようとしても、彼女のカードでキャッシングしているだけなので、彼がそのクレジットカードでキャッシングしたということを証明するのはかなり困難ですよね。きっとどこかのコンビニでキャッシングしたんでしょうが、近隣のコンビニを回って防犯カメラを見せてもらうわけにもいかず。結局彼女は泣き寝入りです。
まあこれに懲りて人のクレジットカードでキャッシングするような男とは付き合わないことですよね。

一枚だったクレジットカードもシーンによって使い分ける

私は最近まで発行したクレジットカードというものは持っていませんでした。何故かというと、どこでも現金で買い物するのに不自由はしていませんでしたし、他人に勝手にクレジットカード情報を読み取られ、使われてしまうなどの犯罪から身を守る為でもあります。 しかし、最近はそうも言っていられなくなりました。身近な所ではアマゾンなどで買い物する時などクレジットカードを即日発行 クレジットカード発行して持っていないと不便ですし、様々なサイトにて買い物や動画などを購入する際にも発行クレジットカードが必要です。なので、思い切ってクレジットカードクレジットカード 即日発行を発行して作ることにしました。 いざ作ってみると本当に便利で、なんで今まで作らなかったんだろうと後悔しています。こんなに便利になるならば、ちょっとしたリスクなど吹っ飛んでしまいました。更に最近すごいと思っているのは、ポイントサイトなどでクレジットカードを即日発行 クレジットカード発行して購入すると、カードを作るだけで大量のポイントが頂けるという事です。クレジットカードをクレジットカード 即日発行発行して作っただけでも便利で素晴らしいと思っているのに、更に大量のポイントまでもらえるなんてまるで夢のようです。 最近は本当に利用者にとって便利な時代になりました。今では私も一枚だったクレジットカードも、シーンによって使い分けるように3枚所持しています。