家族に内緒でお金を借りる

カードローンの申し込みをした場合必ず審査がついてきます。審査には会社に電話がかかってくる「在籍確認」というものがあります。カードローンを申し込もうかどうか迷っている人でこの「在先確認の電話」がネックになっている人も多いと思います。もし会社に「〇〇消費者金融ですが・・・」みたいな電話が自分宛にかかってきたら、借金をしようとしていることが家族や会社の人にバレてしまいますよね。そんな恐ろしいことはできない、と思っているかもしれません。がしかし貸金業法で「契約の内容を本人以外に伝えてはいけない」ということが決められています。ですから大抵の金融機関では在籍確認の電話は担当者個人名でかかってきます。それでも電話で名前や生年月日を伝えていると、カードローン経験者などはすぐにピンとくるはずです。なので出来れば在籍確認の電話はスルーして契約したいものですよね。
そういうニーズに答えて、在籍確認の電話の代わりに社員証や給与明細の提示で審査が通る可能性のあるカードローンもあるようです。しかし絶対に在籍確認の電話がないかというとそれはケースバイケースで、社員証や給与明細を提示したにも関わらず、在籍確認の電話がある場合もあるようです。そこでキャッシングを家族に内緒でする方法はないものかと色々と考えてみました。クレジットカードのキャッシングがいいのか、カードローンがいいのか。
結論から言うとかなり難しいということが分かりました。
まずクレジットカードのキャッシングですが、キャッシングをすれば必ずクレジットカードの利用明細にキャッシングの記載があります。クレジットカードの利用明細は妻が必ずチェックします。ならばWEB明細のクレジットカードを作ってキャッシングをすればいいのでは?とも思ったのですが、銀行の預金通帳も妻が握っていて、定期的に記入をしてその明細をチェックしています。不審なクレジットカードの引き落としがあればすぐにバレてしまうでしょう。
今度はカードローンの可能性を考えてみましたが、これはもっと無理でした。カードローンを利用した場合は必ず利用内容を書面で郵送しなければならないと法律で決まっているそうです。郵便物は妻が必ず見ますし、日中仕事に出ている私が郵便物を受け取れる可能性はほとんど0に近いので、これまた不審な郵便物は妻が見つけてしまうでしょう。
ということでお金を借りる方法は色々とあるのですが、家族に内緒でお金を借りる方法はなかなか難しい案件のようです。